HeartyLadderで演奏を(続)

前回の記事を書いた後、HeartyLadderに新機能が追加されましたので、それに合わせて内容の修正をしておきます。

※前回の記事のやり方はそのまま使うことはできます。ですが、今度のやり方の方が、ずっとスマートで楽だと思います。

前回記事は、TypingVoiceの「あ」「い」「う」・・・の中身をピアノの音にすり替える、という裏技的手法で音を出していました。そのため、通常のHeartyLadderとして使う場合には、いちいちTypingVoiceのリネームが必要でした。もう少し簡単にできないものかと、HeartyLadder作者の吉村さんに相談してみましたら、あっさり解決してくださいました。

まだ、現行バージョンのHeartyLadder(ver.13.921)には搭載されていませんので、ここでご紹介すべきかどうか、迷いましたが、せっかくの新機能(なおかつ、従来より音データがずっと使いやすくなった)なので、新機能による演奏用パネルについて、補足しておきます。使ってみたい方は、新バージョンの公開までお待ちください。

もともと、HeartyLadderには、パネルのボタンを押すと、文字でなく、短文を入力できる「ワンタッチ文章」という機能がついています。自分でパネルを作る必要がありますので、使っていらっしゃる方は少ないかもしれません。今回の新機能では、この「ワンタッチ文章」として、文字列(文章)ではなく、wavファイルが登録できるようになり、パネルのボタンを押すとそのwavファイルを再生してくれるようになりました。

どういうことかというと、たとえば、従来の文字列の入力の場合であれば、tblファイルは次のようになります。

短文パネル.bmp
500,50,1,5
B1  B2  B3  B4  B5
<ワンタッチ文章>
1,こんにちは
2,さようなら
3,おはよう
4,おやすみ
5,ありがとう
<END>

短文パネルの例(横500×1、縦50×5)

これで、短文パネルのボタンを押すと、上から順に、こんにちは、さようなら・・・と入力されます。

で、今回の新機能を使う場合は、

演奏用パネル.bmp
200,500,5,1
B1  B2  B3  B4  B5
<ワンタッチ文章>
1,$\パネルデータ_新機能\wav\ド.wav
2,$\パネルデータ_新機能\wav\レ.wav
3,$\パネルデータ_新機能\wav\ミ.wav
4,$\パネルデータ_新機能\wav\ファ.wav
5,$\パネルデータ_新機能\wav\ソ.wav
<END>

のように指定すると、文章の代わりに、ド、レ、ミ・・・という音が鳴るようになります。TypingVoiceをいじる必要はなくなりました。

 

演奏用パネルの例(横200×5、縦500×1)

 

自作のパネルデータは、

c\Users\***\Documents\heartyLadder (***は皆さんのPC独自のものが入ります)

の中に保存することになっています。今回の新機能では、wavファイルを指定するときに、フルパスで指定しなくても大丈夫になっています。

上記のtblファイル例で言うと、wavファイルを指定している部分の”$”が”c\Users\***\Documents\heartyLadder”に自動的に置き換えられますので、tblファイルを書くときは、それ以下の部分を指定すればOKです。

wavファイルはそのフォルダ(たとえば、c\Users\***\Documents\heartyLadder\パネルデータ_新機能)の中にwav(大文字・小文字の区別あり)というフォルダを作って、そこにまとめて入れます。

音源は、前の記事同様に、pianodataを流用させていただきましょう。新機能を使う場合は、mid**.wavというファイル名をそのまま使っても大丈夫ですので、いっそうお手軽に作れます。何度も作り直す予定があれば、md**より、c3.wav(低いド)、c#3.wav(低いド#)・・・c4.wav(真ん中のド)・・・c5.wav(高いド)などの方がわかりやすいと思いますが、その辺は、皆さんのご自由にどうぞ。

2018年7月3日

Posted by ist