オルゴール機能講座(1) 基礎の基礎編

HeartyLadderには、以前から、スイッチで音楽を奏でることができるオルゴール機能が付いていました。
最初は単音しか使えませんでしたが、数年前からは和音も使えるようになっていました。
それが、このたび、大幅に機能アップし、一気にプロ仕様になりました。オタク魂に火が付くレベルです。
ここでもオルゴール機能を取り上げねばと思います(前に書いた「HeartyLadderで演奏を」はどちらかというと裏ワザでしたが、今回のはまったくの直球勝負です)。

何事も、基礎が大事ですので、まずは基礎の基礎から始めましょう。

オルゴール機能の起動

オルゴール機能を使うには、HeartyLadderを立ち上げて、「お」1文字、もしくは「か」1文字を入力して確定させ、「ゲーム Win操作」ボタンを押します。
楽器音の選択パネルが出てきますので、好みのものを選んでください。従来はピアノ音だけでしたが、最新版ではギターやマリンバも選べます。「か」を入力した場合は、マリンバとギターはスイッチを離した後も音の余韻が残ります。この機能がプロ仕様をプロ仕様たらしめる重要なポイントになりますが、とりあえずは「お」と「か」の両モードで試してみて、違いを感じてください。
楽器音を決めると、次は曲名のリストが出てきますので、その中から演奏したい曲を選びます。「いつでも夢を」にしてみましょうか。

演奏

曲を決めると、楽譜(?)が表示されます。五線上に音の高さだけが示されていて、下には歌詞が表示されています。歌詞を頼りに、リズムに合わせてスイッチを押します。長い音の時は長く押し、短い音の時は短く押します。単純ですが、意外と楽しいです。
※PPSスイッチだと基本的に長押しができないので、長い音が演奏しづらいのですが、新たなプロ仕様なら大丈夫。余韻が残りますので、押す間隔を開けるだけで、長めの音が演奏できます。

曲目変更と終了

曲目の変更や終了は、メニューを出すことで行います。「メニュー」ボタンが押せなくても、「♪Play」ボタンの下の緑のゲージがいっぱいになるまで待てば、メニューが表示されますので、曲名を変更したり、終了したり出来ます。

モード変更

このゲージですが、何も操作しないでいるとどんどん進んで、メニューが出てきてしまいます。普段ならそれほど困りませんが(選び直せばいいので)、発表会や演奏会の本番で出番を待っているときだとちょっと困ります。そこで、「モード変更」ボタンを押して、「本番モード」にしておきます。そうすると、ゲージが進みません。
※ここはスイッチでは操作できませんので、どなたかにマウスで操作していただくことになります。

また「練習モード」にすると、特定の箇所から繰り返し練習ができます。

演奏位置というのは、現在の位置が頭から何音目かを示しています(黄色い縦線の位置になります)。「セット」ボタンを押すと、現在の位置が記憶され(赤い縦線で示されるようになります)、「移動」ボタンでそこに戻ることができます。「移動」ボタンの左の窓に示されている数字が、セットされている位置になります。上の図では「0」ですから、スタート位置にセットされている(初期値のまま変更されていない)ことを意味します。

-20、-1、+20、+40は、今の演奏位置から左(マイナス値)あるいは右(プラス値)にジャンプさせる機能を持っています。セットしたい位置が離れているとき、演奏しないとそこまで行けないのでは面倒ですが、このボタンを使うと素早く希望の位置にセットできます。
※目指す場所でクリックしても、その位置がセットされます。

タイミングがとりづらい箇所を繰り返し練習したい場合に便利な機能です。

演奏法は、プロ仕様版も同じですので、まずは基礎の基礎として、ここまでマスターしてください。

Posted by ist