オルゴール機能講座(2) データ入力の基礎

オルゴール機能で使われている曲データは簡単に作成できます。メモ帳やエディタを使って以下の要領でデータを作成し、文字コードはShift_JISにして、テキストファイルで保存します。

調の指定

ファイルの1行目に指定します。フラットないしシャープになる音名を下の例のように記述します。ハ長調の場合は空白行にしておきます。

ヘ長調の場合 フラット=シ
ト長調の場合 シャープ=フ

作詞・作曲者

ファイルの2行目には作詞者、作曲者を書いておきます。

曲のデータの構造

ファイルの3行目以降が、曲のデータになります。次の6行が1セットになります。

1:音名(4小節くらいで区切るのが無難。区切りの続きは次のセットに書く)

2:オクターブ上下と臨時記号(この行はスペースも含めて、すべて半角で書く)

3:歌詞(通常はここだけ)

4:歌詞(一つの音に二つ以上の文字が入るときの2文字目)

5:歌詞(同じく3文字目)

6:区切り行(改行のみもしくは1つ以上の半角ハイフン)

音の指定

ファはフとして、「ドレミフソラシド」で指定します。例えば唱歌の「さくら」であれば、

ララシララシ・・・

のように書きます。

オクターブ上下

オクターブ上下は、音名の次の行に、音名の下の左半分に、c、d、u、vのいずれかを記入します。

c :2オクターブ下
d :1オクターブ下
記述なし :C4~B4
u :1オクターブ上
v :2オクターブ上

臨時記号

臨時記号(♯、♭)を付けたい場合は、音名の次の行に、

1.半角で(!)
2.音名の下の右半分に(!)
3.s(シャープの時)、f(フラットの時)

と書きます。ナチュラルはnです。何も書かない場所に全角スペースが入ると、演奏時に楽譜が途中から表示されなくなったりしますので、注意が必要です。

歌詞

歌詞は音名の下に書きますが、音名の行(1行目)、オクターブや臨時記号の指定(2行目)の後、3行目に書きます。一つの音名に対し、最大3文字まで入れられます。2文字目は4行目、3文字目は5行目に書きます。該当する音名の下に書かないと、おかしな事になりますので、きちんと揃えて入れてください。

【「菩提樹」の曲データの例】

 

2018年12月5日

Posted by ist