オルゴール機能講座(3) 新機能

機能強化されたオルゴール機能の特徴は、次のようになります。

1.楽器の種類が増え(マリンバとギターが追加された)、メニューから切り替え可能になった。
2.楽譜の表示に関して、
2-1 幅が広くなって、全体の見通しがよくなった。
2-2 加線が表示されるようになり、見やすくなった。
2-3 小節を区切る小節線が表示されるようになった。
2-4 休止符(2分休符、4分休符、8分休符)が表示されるようになった。
3.音域が拡がった(2オクターブ上、2オクターブ下が演奏可能になった)。
4.ナチュラル(♮)が使えるようになった。
5.「か」でwav音源を選択した場合、
5-1 次の音を鳴らした後も、前の音の余韻が残るようになった(ただし、現時点では、ギターとマリンバのみ)
5-2 和音用に導入されていた「同」に時間指定が可能になった。つまり、複数の音を同時に鳴らす(和音)だけでなく、時間差を付けて鳴らせるようになった。
5-3 音量指定が可能になった。単音毎の音量指定も出来るので、クレッシェンド、デクレッシェンドなども再現できる。
5-4 楽器データのそれそれの楽器音フォルダーの中に「サブ」フォルダーを作って別の楽器の音を入れておけば、「どれみふそらしど」とひらがなで音名を指定することで、2種類の音を使い分けられるようになった。例えば、次回取り上げる予定のトレモロ奏法を使う際、前の音に次の音がどんどん重なってうなりを上げてしまうが、サブに音の長さを短くしたデータを入れておいてそれを使うことで回避できる。もちろん別の楽器の音を入れて、二重奏したりも可能。

2018年12月16日

Posted by ist