オルゴール機能講座(4) 新仕様(プロ仕様?)の曲データ作り

新機能と使い方

音量設定(ブロック)が出来る

(次の指定までその音量。行の途中での指定も可)

1行目:2(全角。1~9、A~)・・・右に続けて音名を書いていく
2行目:×(全角)       ・・・同じくオクターブ記号(C,D,U,V)、臨時記号(S,F,N)
3行目:×(全角)       ・・・同じく(必要な箇所に)「同」を記述

音量指定(単音)が出来る

(指定した音のみ、その音量。次の音からはブロックで指定した音量となる)

この機能を使えば、クレッシェンドやデクレッシェンドも可能。下のように書くと、ドが音量7、レが音量9、ミが音量Bとだんだん大きくなっていく。

1行目:ドレミ
2行目:(オクターブ記号、臨時記号)
3行目:(必要なところに「同」を記述[後述])
4行目:(「同」指定時の時間差を記述[後述])
5行目:7 9 B (半角。各音の下に左詰で)

休止符設定が出来る

(演奏に際して、休止符があったほうがリズムをとりやすい場合に入れる。スイッチを押しても音がでない、という意味ではない)

1行目:休
2行目:(改行のみ。1行開ける)
3行目:4(全角。8:八分音符、4:四分音符、2:二分音符)

小節設定が出来る

(小節線と小節番号を表示可能。演奏や練習の際に目安となる。データの入力ミスの修正にも便利)

1行目:線
2行目:(改行のみ。1行開ける)
3行目:2(小節番号。線の右がわの小節の番号になる。2桁の場合は12のように。3桁は記述できないので、再度0[100]から)

複数の音を時間差で演奏出来る

なんと言っても画期的なのが、この機能。スイッチを一回押せば、複数の音が時間差を置いて鳴るのである。これを使うことで、スイッチ操作では困難な速いパッセージを演奏したり、トレモロやトリルを演奏したり、装飾音を付けたり、といった高度な演奏が可能になる。

従来は、

と書くと、「ド」のところでスイッチを押すとドミソの和音が鳴った。

楽譜で示すと、次のようになる。

これはこれで、画期的だった(当初は単音しか演奏できなかった)が、今回の新機能でオルゴール機能の表現力が一気に拡がることになった。

速いパッセージの演奏が可能

まず、速いパッセージの演奏が容易になった。チャイコフスキーの「フランスの古い歌」を例にとってみよう。

Andante(歩くような速度、72拍前後/分)なので特別速くはないが、8分音符の連続や16分音符はスイッチ操作での演奏はかなりきつい。そこで、この機能を使ってみる。8分音符が続いたり、16分音符が含まれたりする箇所にこの機能を使って、次の楽譜の赤い印の所でスイッチを押せばいいようにしてみる。

このタイミングなら、かなり押しやすくなる。音量指定(暫定のもの)も入れたデータ例が次の図である。

Andanteだと1拍が60秒÷72=0.8333秒。計算しづらいので0.84とすると、8分音符は0.42、16分音符は0.21となるので、8分音符が鳴った0.42秒後に次の音を鳴らすように時間差を指定する。16分音符の時は0.21秒後である。時間差の指定は1/100秒単位なので、それぞれ42、21となる。

三連符のデータ化

三連符も簡単に演奏できる。

上のような三連符であれば、最初のドから1/3拍遅れてミが鳴り、さらに1/3拍遅れてソが鳴るようにすれば、三連符になるはず。時間差は、x/100秒単位の2桁の数値で指示する。例えば、テンポがModeratoだと、四分音符一つが0.65秒くらいなので、計算しやすく0.66秒とすれば、三連符は一つあたり0.22秒なので、時間差を22と指定する。

これで、「ド」のところでスイッチを押せば、ドミソの三連符が演奏できる。

トレモロのデータ化

トレモロもおまかせ。トレモロにするには同じ音を時間差を置いて何度も鳴らせばいい。どのくらいの速さで何度鳴らすかは、楽譜に指示があればそれに従う。下の画像では最初が8分音符、次は16分音符が指定されている。指定がない場合は、曲と演奏者の感性とによることになる。

データ化すると、次のようになる。休止符や小節線も入れてある。

アルペジオのデータ化

アルペジオも演奏できる。ベートーヴェンのピアノソナタ「月光」の冒頭部で試してみよう。右手部分だけ取り出すと、次のようになっている。

これをデータ化すると、次のようになる。テンポはAdagioなので、1拍を1.02秒で計算している。

これに左手の部分を付け加えると、

となるが、Cのついたドの音が収録されていないので、残念ながら演奏時には鳴らない。音を追加すれば、鳴るはず。

一曲中で楽器音の使い分けが可能

(楽器データのフォルダの中に「サブ」名のフォルダを作り、別の楽器音を入れておけば、1曲中で、二つの使い分けが出来る)

ドレミどれみ ←ひらがなの音名がサブの中の音になる

使用例:「ギター」でトレモロを演奏するとき、通常の音だと前の音が残っている間に次の音が鳴り、次第に重なり合って、うなりを上げ始める。「サブ」に通常より短い音を入れておいて、トレモロ時にはそれを使うと、音が重ならなくなる。

2018年12月9日

Posted by ist