オルゴール講座(5)番外編

オルゴール講座(4)で書き忘れた「効果音」の利用法と、もうひとつ、裏ワザ的な使い方ですが、midiでの様々な楽器音の利用方法を追加しておきます。

「効果音」の利用法

曲中に何か効果音を入れたいとき、たとえば、「ピクニック」(丘を越え行こうよ 口笛ふきつつ・・・)の中に、あひるさん、やぎさんなどの鳴き声を入れたい場合、アヒルの鳴き声をmd1.wav、ヤギの泣き声をmd2.wav・・・という名前でその楽器の楽器音フォルダに登録しておけば、md1はA、md2はB・・・で指定して鳴すことができます。データの作り方は、1行目は適当な音名(ダミー)、5行目に半角で、右半分に、AとかBとかを記述します。演奏時の楽譜では■で表示されます。下図はデータとその「楽譜」(オルゴール機能での)の例です。

  

未登録の楽器音(midi)を使う

ギターやマリンバで演奏する場合、「か」を選ぶとwavファイルで登録されている音で演奏されます。一方、「お」を選ぶとmidi音で演奏されます。以前はピアノ音でしか演奏できませんでしたので、wavでもmidiでもピアノ以外の楽器音は選べる仕様にはなっていませんでした。ところが、現行バージョンではちょっと様子が違います。裏ワザ的な使い方ですが、midi音を使う場合は、デフォルトで登録されているピアノ、マリンバ、ギター以外の楽器音も使えるのです。

CドライブのHeartyLadderフォルダを開き、「システム」→「楽器データ」と進むと、「★ギター(インストール)」などの楽器の音のデータが入ったフォルダが複数見つかります。そのどれかを開けてみましょう。

md**(.wav)がずらっと並んだ最後に「音色番号」というファイルが入っています。これを開きます。

ギターだと、26という数字だけが書き込まれています。これはMIDIの統一規格(GM規格)の楽器番号です。26というのは、Acostic Guitar (steel) に相当します。

さて、このことが分かると、この数字を変えてみたくなりますよね?(え?ならない?そんなことはないはず!)

でも、既存のデータを書き換えるのはちょっと嫌だ、という方は、新たに「MIDIテスト」とでも名付けたフォルダを作って、その中に「音色番号」のファイルを入れればいいでしょう。ただし、このままではHeartyLadderが楽器音のデータが入ったフォルダと認識してくれません。

「MIDIテスト」の中に、ギターでもマリンバでもいいので、md50というファイルをコピーしてきて、貼り付けてください。これで「MIDIテスト」は音データの入ったフォルダとHeartyLadderが認識してくれます。

後は、音色番号をいろいろ変えて、音の変化を楽しみましょう。ちなみに、それぞれの楽器らしい音がする音域に注意しないと、コントラバスのはずがバイオリンみたいな音になったりします。音色番号によっては、予想と全く違う音が鳴ったりしますが、それはご愛敬ということで・・・。

 

2018年12月27日

Posted by ist