デフォルトの文字パネルを使う(入力編)

HeartyLadderの文字パネルはかなり自由なカスタマイズが可能ですが、まずはデフォルトの文字パネルを使いこなすことを目指しましょう。

通常の(IMEによる)漢字変換

2分割ブリンクモードであれ、1ボタンスキャンモードであれ、文字を入力する仕組みは同じです。候補を絞り込んでいって、目指す文字で決定の操作(通常はボタンを押すだけ)をすればいいのですが、では漢字変換はどうするのでしょうか?

何も入力してない状態で文字パネルを見ると、「変換」というキー(ボタン)がどこにもありません。しかし、一文字でも入れると、それまで「スペース」だったキーが「変換へんかん」に代わり、右向きのグリーンの矢印だったところがグリーンの「変換」に変わります。つまり、未確定の文字(列)があるときだけ、変換キーが現れるようになっています。この二つの変換キーは機能的にはどちらも同じです。通常のキーボードで言えば、スペースキーか変換キーかという違いです。どちらでも漢字変換ができますよね。

ちなみに、漢字は使わない(たとえば、会話用にHeartyLadderを使うような場合)というときには、「環境設定」プログラムの「表示」で、画面中央付近にある「入力方法」の「確定入力」にチェックを入れておけばOKです。

「セレクト」機能

HeartyLadderには、実はもう一つ、漢字変換の仕組みが組み込まれています。「セレクト」ボタンです。ここを押すと、HeartyLadder独自の変換機能(辞書登録も出来ます)が働き、連想変換的な使い方もできますので、使い込めば、入力のスピードアップが可能になります。文章入力画面の右上に最初は明るい赤色の背景に黒い文字が並んでいます。未確定の状態で文字を入力していくとやがて背景が明るいグリーンに変わります。これは、「セレクト」機能での変換候補が十分少数に絞られてきたことを示しています。たとえば、「あ」一文字を入れても、候補が多すぎて、「セレクト」ボタンを押しても選択が大変です。「あさ」のように2文字入れると、背景が緑になって、「あさ」「アサ」「阿佐」「安佐」・・・という候補が並びます。ここで「セレクト」を押すと、「セレクト」画面になって、候補一覧が表示されますので、そこから目指す言葉(たとえば「朝ご飯」)を選びます。文字パネルから「あさごはん」と入れて変換キーを押すより効率よく入力できます。

アルファベット入力

アルファベットを入力するときは、文字パネル右上の「>A」ボタンを押して、アルファベット用の文字パネルに切り替えます。大文字や記号類もパネルに展開されていますので、シフトキーはありません。戻したいときは、「>あ」です。

誤入力の修正

間違って入力した文字は、キーボードからだと、BackSpaceキーもしくはDeleteキーで消去します。それに相当するのが、文字パネルの「BS」「DEL」です。変換作業中の文節の区切りの変更は、青い左右の矢印キーで狭めたり広げたりできます。たとえば、「きょうはいしゃにいく」を「今日歯医者に行く」と変換して欲しいのに、「今日は医者に行く」と変換された場合、右向きの矢印キーを選ぶと、文節が「今日は」でなく「今日」のところで区切られて、希望通り「今日歯医者に行く」に変換できます。

カーソル移動

矢印キーの話が出たところで、文字パネルの二組の矢印キーについて触れておきます。結論から言えば、グリーンは範囲選択用、ブルーはカーソル移動用です。上記のように、ブルーの矢印は漢字変換中の文節区切りの変更にも使われます。入力済み文章のページ目繰りはパネル右端の「前画面」「次画面」、文章の頭へは「文頭」、文章末へは「文末」で移動します。

削除、コピー、切り取り、貼り付け

いずれも、最初にグリーンの矢印を動かして範囲指定をします。「削除」したいときは、その後、「BS」か「DEL」を押します。コピーしたいときは「コピー」ボタンです。切り取りのボタンはありませんので、「コピー」をしておいてから、「BS」または「DEL」を押します。貼り付けたいところにブルーの矢印でカーソルを移動して、「貼り付け」ボタンを押します。

2018年8月2日

Posted by ist