デフォルトの文字パネルを使う(その他)

文字入力関係以外の操作について、見ておきましょう。

ひよこマーク

まず、HeartyLadderのアイドル(?)、ひよこマークから。文字パネル左上の一番目立つところにある、このマーク。PC歴の長い方ならご存じと思いますが、いわゆる「ボスが来た」機能です。このマークを押すと、入力画面がピンクになり、書き込んだ文書が見えなくなります。人に見られたくない内容(熱烈なラブレターとか(^_-))を書いているときに、これでさっと隠すことが出来ます。そのため「ラブレター」モードとも呼ばれています。もちろん、そのためには、ここがパッと押せないと意味ないですが、そのための機能もちゃんとついています。「環境設定」で「長押し機能」をオンにしておくと、スイッチの長押しで、ひよこマークとセレクトの2択状態になり、そのまま短押しで、この機能が働きます。「長押し機能」がオフでも、ひよこマークが選択対象となっているときに、連続押しで、ひよこマークに絞り込むことができます。もう一度ひよこマークを押すと、解除されて、文字が読めるようになります。

ひよこマークにはもう一つ便利な機能がついています。キーボード操作が必要になりますので、支援者向けの機能ですが、キーボードのCtrlキーを押しながらひよこマークを押すと「環境設定」プログラムが立ち上がり、必要な変更を加えて「OK」ボタンを押せば、新たな設定で引き続きHeartyLadderを使用できます。以前は、いちいち、HeartyLadderを終了させて、「環境設定」プログラムを立ち上げて、変更を行って、「OK」を押してHeartyLadderを新たな設定で立ち上げる、という操作が必要でしたので、支援者にとっては、非常にありがたい機能です。ブリンク速度をちょっと変えて操作性を確認したい、といった場合に有効です。

文書操作

左から3,4列目の上二段は、文書操作関連です。フロッピーディスク(FD)マーク(若い方はFDはご存じないかもしれませんね)は上書き保存、文書フォルダへの出し入れマークは、「読み出し」と「名前をつけて保存」です。「名前をつけて保存」をする場合は、文書の1行目が自動的に題名候補として表示されていますので、それでよければ、そのまま、変更したければ希望の題名に変えて、保存します。「1行削除」というボタンがありますので、新たな題名を入力する場合は、題名候補をこれで消してから入れると手間が省けます。

文書の保存先は、デフォルトのままなら、「ドキュメント」>「heartyLadder」>「保存テキスト」になります。保存する前に保存先を変更するかどうかの確認画面が出ますので、変更したい場合はここで保存先を指定します。

名前をつけて保存する場合など、文字パネルが通常のものとちょっと違っています。目立つ点は「実行」「中止」のボタンがあること。他にはメール・WEB操作系のボタンがないこと、「1行削除」ボタンがあること、などの差異があります。

メール、WEB関係

これは別項目で説明します。「ワンタッチ」はあらかじめ登録したアドレスに簡単にメールを送る機能です。「Email」はメール操作画面の呼び出しです。IEマークはブラウザ(HeartyLadder独自のもの)を起動します。

ゲーム、Win操作

HeartyLadderには神経衰弱ゲームと手動オルゴール機能が標準でついてきます。文字入力画面に「あ」1文字を入れて確定してから「ゲーム、Win操作」ボタンを押すと、8枚(4組)のカードを使った神経衰弱ゲームが始まります。「い」だと24枚(12組)、「う」だと44枚(22組)、「え」だと52枚(26組)のゲームとなります。一度難易度の設定をすると、次回は自動的に同じ難易度になります。「お」「か」だと、手動オルゴール機能を楽しめます。ボタンを押すタイミングで、音の長さが決まり、あらかじめ入っている曲の演奏ができます。曲のデータは比較的簡単に作って、増やすことが可能です。作り方は「工作室」で取り上げます。「お」はmidi音、「か」はPiano音での演奏になります。

もうひとつ、ゲームと言えるかどうか、はなはだ疑問ですが、「信号機ゲーム」も入っています。文書入力画面に「しんごうき」と入れて「ゲーム、Win操作」ボタンを押すと、信号機が表示されます。5回連続で、青のタイミングでスイッチを押せれば、ファンファーレが鳴ります。黄色や赤を押すと、ブブーという警告音が鳴って、もう一度再挑戦となります。1ボタンスキャンモードでスイッチを押すタイミングを練習するために作られたもののようです。右の赤2秒などの表示は入力履歴です。黄色が多ければ、押すタイミングが遅め、赤が多ければ、押すタイミングが速すぎる(黄色よりもっとタイミングが遅くなっている場合も考えられます)と判断できます。秒数が多いと、決定までに何度も青→黄→赤のスキャンを繰り返した、ということです。この結果に応じて、スキャン速度を遅くしたり、速くしたりすると、いいでしょう。

「ゲーム、Win操作」ボタンを押しても、ゲームが始まってしまって、Win操作に行けない場合は、文書入力画面に「ういん」と打ち込んでからボタンを押せば、「環境設定」の「その他」での設定(ゲーム優先か、Win操作優先かを選べます)にかかわらず、Win操作が可能になります。

「し」1文字を入れてから「ゲーム、Win操作」ボタンを押すと、CDプレーヤーが起動します。

「へ」1文字を入れてから、「ゲーム、Win操作」ボタンを押すと、あらかじめ保存した設定の中から選択して作動させることができます。たとえば、ブリンクやスキャンの速度を3段階くらいに登録しておいて、用途や体調によって使い分ける、といったことも可能になります。

MyVoice再生

「こんにちは」と書いてあるボタンを押すと、おそらく何も起こりません。これは事前にMyVoiceで作った音声データを登録しておいて、それを選択して再生する機能です。MyVoiceについては別項目で説明しますので、それを参照してください。なお、全読、行読もMyVoiceで読ませることが可能です。

機器操作

リモコンやリレー装置をつないで、TVのリモコン操作をしたり、外部スイッチをオン、オフしたりする機能ですが、リモコンやリレー装置をつながないと使えません。リモコンはテクノツール社の「何でもIR2」かBitTradeOne社の「USB赤外線リモコンアドバンス」を使います。操作用のパネルも別途用意しなくてはいけません(リモコンパネル製作用ツールが「ハーティー・ラダー・サポーター」で公開されています)。

リレー装置の作り方も「ハーティー・ラダー・サポーター」で公開されています。こちらは多少、電子工作の知識が必要になります。

印刷

印刷用のパネルを開きます。用紙等の設定が出来ます。下の図の上2段が、左から、印刷実行・中止、用紙変更、フォントサイズ変更、フォント変更(これがわかりづらいですが、ここで候補リストから選択します)、行間の設定です。下2段が、用紙の縦と横、上下のマージン変更、左右のマージン変更となっています。

【補足:縦書き印刷の仕方】 「ハーティー・ラダー・サポーター」の掲示板に、縦書き印刷についての質問が投稿されていました。HeartyLadderの文字入力画面は横書きですし、印刷用パネルを見ても、縦書き印刷を選択することはできないようにみえます。実は、縦書きにするには、ちょっと工夫が必要です。工夫と言っても、フォントを縦書き用のものに変えるだけです。フォントには、単に文字の形が違うだけで無く、等幅か、プロポーショナルか、といった違いがあります。たとえば、Windowsに標準でついてくるMS 明朝やMS ゴシックは等幅フォントで、MS P明朝やMS Pゴシックはプロポーショナルフォントになります。他に、@で始まるフォントがあります。@MS 明朝や@MS P明朝などがそうです。これが縦書き用フォントになります。

HeartyLadderで縦書き印刷をしたい場合は、この縦書き用フォントを使います。印刷用のパネルを開いて、フォント選択窓でフォントの一覧を見ると、上の方に@で始まるフォントが並んでいると思います。その中から好みのものを選び、用紙はハガキなら、「ハガキ」・「横」(縦ではありません!)を選んで印刷すると、ハガキの短辺が上下になって、そこに縦書きで印刷されているはずです。横長の用紙に縦書きしたい場合は、「A4」とか「B5」とかの「縦」(こちらは横ではありません!)にして印刷すると、用紙の長辺が上下になって、そこに縦書きで印刷されているはずです。

試してみてください。

 

2018年8月16日

Posted by ist