Windows操作

マウスボタンを使って2分割ブリンクモードや1ボタンスキャンモードを使っている場合は、Windows操作ができません。ジョイスティックボタンを使う必要があります。

Windows操作はゲーム機能と切り替えて使います。「環境設定」でどちらを優先させるか設定しておきます。ゲーム優先となっていても、画面に「ういん」(「い」は大きな「い」です)の3文字だけ入力・確定した上で、「ゲーム Win操作」ボタンを押すと、Windows操作が可能になります。

【パネルの移動】 Windows操作用のパネルは、下図のようになっていますが、左上の「パネル移動」を押すたびに画面4隅を移動しますので、操作の邪魔にならないところに表示させることができます。下の、矢印キーでの移動もできます。

【クリック、文字入力】 上から2段目の左から2つの矢印ボタンは、クリック用です。左はディスプレイ画面全体を対象に、クリックする箇所を指定できます。右のボタンはアクティブウィンドウを対象にクリック箇所を指定するときに使います。文字パネル関係のボタンは押してみれば使い方がわかるでしょう。

【ランチャ】 「ドキュメント」>「heartyLadder」>「ランチャー」と進んで、そこにショートカットを貼り付けておくと、「ランチャ」ボタンで選択・起動できるようになります。よく使うソフトを登録しておくと、便利です。

【サイズと透過度の変更】 パネル上部欄外にある「サイズ」ボタンは、押すたびにサイズが変わります。大きくなっていって、最大を超えると最小になり、また大きくなります。「透過度」は「up」で透過度(透明度)がアップし、半透明になっていきます。使い慣れてパネル上のボタンの配置が頭に入ってきたら、透明度を高めにした方が、使いやすいかもしれません。

【Windows操作の終了】 Windows操作を終わって、元の文章入力画面に戻るときは、「End」ボタンです。

 

2018年9月24日

Posted by ist