電源ONで自動起動

電源オンでHeartyLadderを自動的に実行させるには、HeartyLadderを「スタートアップ」に登録する必要があります。Windows7までは、簡単にできましたが、今は「スタートアップ」フォルダを開くのに、ひと手間かかります。

1.「Windows キー R 」を押し、出てきた「ファイル名を指定して実行」の「名前(O):」の後に「shell:startup」と入力して 「OK」 を選択します。そうすると、「スタートアップ」 フォルダーが開きます。

※Cドライブ→ ユーザー→ ユーザー名→ AppData→ Roaming→ Microsoft→ Windows→ スタートメニュー→ プログラム→ スタートアップ、とたどっていくことも出来ますが、かなり面倒です。

2.デスクトップに作られているHeartyLadderのショートカットをコピーして、「スタートアップ」 フォルダーに貼り付けます。

これで、パソコンの電源を入れると、自動的にHeartyLadderが立ち上がるようになります。ただし、パスワードを設定していると、パスワードの入力を求められますので、起動時のパスワードの入力を省略する設定をするか、パスワードの入力を支援者に依頼してください。

起動時のパスワードを省略する設定は、画面左下の「ここに入力して検索」と表示された検索窓(注)に「netplwiz」を入れて、出てきた検索結果から「netplwiz コマンドの実行」を選びます。ユーザー名の一覧が出ますので、今お使いのユーザー名を選び、「□ユーザーがこのコンピューターを使うには、ユーザー名とパスワードが必要(E)」の□のチェックを外します。OKすると、パスワードを二回入力するよう求められますので、入力します。後は再起動時から、パスワードの入力が省略されるようになり、電源を入れるだけで、HeartyLadderが起動するようになります。「□ユーザーがこのコンピューターを使うには、ユーザー名とパスワードが必要(E)」にチェックを入れると再び、パスワードの入力を求められるようになります。パスワードの入力を省略しても、別の場面でパスワードが必要になることがありますので、パスワードはきちんと記憶するか、安全なところに保管しておきましょう。

(注)Cortanaのアイコン(黒地に白丸)を表示させている方は、検索窓が隠れていると思いますので、まずCortanaのアイコンをクリックして検索窓を表示させてください。Cortanaのアイコンも表示されてない方は、タスクバー(デスクトップ画面の[通常は]下部に表示されている、アイコンの並んだ黒い帯状のところ)を右クリックして、メニュー上部の「Cortana」を選び、出てきたサブメニューで「検索ボックスを表示(B)」にチェックを入れてください。

【補足1 HeartyLadder終了時に自動的にシャットダウンできるか】

HeartyLadder終了時に、自動的にPCの電源も切れるようにしたい場合はどうする?簡単です。「環境設定」の「その他」で、「終了時Windowsをシャットダウン」にチェックを入れるだけです。もし、シャットダウンさせたくない場合もありそうであれば、その下の「シャットダウンの確認あり」にもチェックを入れておきましょう。HeartyLadderの終了時、通常は、HeartyLadderを終了していいかどうかの確認だけが出ますが、ここにチェックを入れておくと、シャットダウンするかどうかの確認も出てきますので、HeartyLadderだけ終了させたい場合は、「いいえ」を選べば大丈夫です。支援者の手を借りることができる場合は、キーボードからAlt+F4を入力してもらえば、HeartyLadderだけ終了させることができます。

【補足2 パソコンの電源も自分でオンにしたい】

パソコンの電源ボタンを押すのはけっこう力がいります。自分では押せない方もいらっしゃるでしょう。もし、人の手を借りずに電源を入れる方法があれば、いいですよね。でも、残念ながら、これはなかなか難しいです。

【デスクトップPCの場合】 デスクトップ型パソコンであれば、マザーボードの電源スイッチ部分からケーブルを引き出して、押しやすいスイッチをつなげば、自力での電源オンが可能になると思います。部品はAmazonでも何種類か販売されています。たとえば、こんなものがあります。付属のスイッチは操作に力がいりますので、交換が必要です。

【ノートPCの場合】 ノートパソコンの場合は、そうした加工は相当ハードルが高くなります。PC(のハード面)に詳しい人を探して依頼すれば、やってやれないことはないでしょうが、失敗して通常の起動もできなくなるリスクがありますし、メーカー保証が受けられなくなるなどの問題も生じますので、現実的でないでしょう。

【決まった時刻に自動起動させる】 機種によっては、毎日定時に自動起動させることができるものもありますが、出来ない機種も多いでしょう。出来るか出来ないかは、BIOSを見ないとわかりません。マニュアルに書いてあるものもあるかもしれません。この機能が使えたとしても、好きな時に随時、起動することができるわけではないので、朝決まった時刻に起動したら寝るまでつけっぱなし、という使い方になるでしょう。設定はBIOSをいじりますので、PCに詳しい人にご相談ください。

【WakeOnLan機能を使う】 LANを介して起動させるWakeOnLanという機能(Wikipediaの解説参照)がついている機種もありますが、ないものも多い上に、設定がかなり面倒ですし、LAN経由でつながった別のパソコンなりスマホなりの操作が必要ですので、自動起動よりもっと非現実的でしょう。

※付記 Raspberry PiやArduinoからでも、WOL機能を使ってPCの電源オンができるようです。研究してみます。(2018/08/20記)

2018年8月30日

Posted by ist