設定をいじって使いやすくする

とりあえず操作してみて、使いづらいなと感じたら、支援者の手を借りたりしながら、使いやすくなるよういろいろいじってみましょう。

スイッチ操作がうまくいかない時

スイッチ操作がうまくいかない場合、

(1)スイッチ操作に慣れてない

(2)HeartyLadderの動きに慣れてない

(3)スイッチやスイッチの設定が身体にあってない

といった理由が考えられます。

(1)の場合は、スイッチをパソコンにつながず、スイッチだけで、「一、二、押す」とか「一、二、三、押す」のように、タイミングよく押す練習をしてみるといいでしょう。(2)の場合は、後述(「解決策3」)のように、はじめのうちはブリンクやスキャンの速度を遅くして、徐々に慣れていきましょう。問題は(3)の場合です。スイッチをうまく押せない、押したら離せない、押すつもりがないときに押してしまう、などの現象が起きるときは、スイッチの選択を誤っていたり、スイッチのセッティングが悪かったり、といった原因が考えられます。この場合は、できれば、作業療法士などの専門家のサポートを受けながら、最適な方法を見つけたいところです。手の動きに合わせてちょっと持ち方を変えただけでスムーズに押せる場合もあります。専門家のサポートを受けることが難しい場合は、経験を積んだボランティアに依頼できないか、検討しましょう。それも難しければ、トライアンドエラーで試してみてください。

解決策1 スイッチを別のものに変える

スイッチにはいろいろな種類があります。機械式のスイッチひとつとっても、指で押す、手のひらで押す、手の甲で押す、あごで押す、足で踏む、握る、引っ張る、など、様々な操作方法があります。センサーを使ったスイッチになると、ほとんど触れたかどうかで動作するものもあります。どれがいいかは、実際に使ってみないとわかりませんので、意思伝達の支援を行っている団体(たとえば、札幌であれば、札幌市ITサポートセンターやNPO法人iCareほっかいどうなど)に相談してみるといいでしょう。パシフィックサプライ株式会社では、有償ですが、各種スイッチのレンタルやフィッティングサービスを提供しています。身近に器用な方がいらっしゃれば、使いやすいスイッチを自分専用に作ってもらうこともできるでしょう。意思伝達装置「レッツチャット」の開発者松尾光晴氏のサイト「マイスイッチ」には、スイッチの適合例が多く載っていますので、参考になるでしょう。

解決策2 有効時間、無効時間など、スイッチの反応を調整する

HeartyLadderにはスイッチの反応を調整する機能がついています。HeartyLadder用の「環境設定」プログラムを立ち上げて、「モード切替」の画面右側にある「スイッチのON/OFF時間の調整」を使います。ちょっと触っただけでは反応せず、しっかり(=一定時間以上)押さないと反応しないようにするには、「有効時間」を長めにとってみるといいでしょう。震えや不随意の動きが出やすい場合に有効と思われます。押した後、いったん手を離さないと、反応しない設定もできます。これは「無効時間」を設定します。スイッチを押した後、設定した時間はスイッチが反応しませんので、意思に反して連続押ししてしまう、ということがなくなります。さらに「離してからの無効時間」にチェックを入れるとスイッチを離さない限り、次の入力がされません。押すことは出来ても、離すことが難しい、時間がかかる、という方には無効時間の設定が有効でしょう。

解決策3 入力モードを変える

HeartyLadderには全部で13種類の入力モードがあって、「環境設定」プログラムの「モード切替」で変更できます。特殊なスイッチが必要なもの、視線カメラが必要なものは、簡単には試せませんので、まずは、ボタン一つで使える「2分割ブリンクモード」「1ボタンスキャンモード」「2分割非ブリンクモード」を試してみましょう。「2分割ブリンクモード」と「1ボタンスキャンモード」は、目指す文字に到達するために、自動的に行われるブリンク(「まばたき」)ないしスキャン(「走査」)のタイミングに合わせてボタンを押す必要がありますが、「2分割非ブリンクモード」は手動で行や文字の絞り込みを行いますので、タイミングに合わせることが難しくても、操作できます。

「2分割ブリンクモード」はブリンク(「まばたき」)のタイミングを変えることと、慣れることで、操作しやすくなります。また、ブリンクを目で追うのでなく、入力したい文字(やコマンド)の部分の枠が赤くなったときにボタンを操作するようにすると、目も疲れにくく、選択もしやすくなるはずです。Windows操作も行いたい場合は、「1ボタンスキャンモード」より効率よく絞り込みができますので、「2分割ブリンクモード」が使えそうなら、こちらを選ぶ方がいいと思います。

「1ボタンスキャンモード」は動作がわかりやすいのが特徴です。自動的にあ行、か行、さ行、た行・・・とスキャン(「走査」)していきますので、まず行を選び、次にあ、い、う、え・・・と文字を選びます。この動きは直感的に理解しやすいので、小さなお子さんや高齢者の方、パソコンに不慣れな方などは、このモードがいいでしょう。また、本格的な意思伝達装置「レッツチャット」や「伝の心」と同じ動きになりますので、将来それらを使う予定がある人、それらとHeartyLadderを併用したい人の場合は、「1ボタンスキャンモード」で使った方がいいかもしれません。これもスキャン速度を変更できます。横方向と縦方向のスキャン速度を別々に設定することもできますので、慣れてきたら、横方向(行選択)は速め、縦方向(文字選択)は少し遅め、あるいはその逆、といった使い方もできます。「1ボタンスキャンモード」には「ブロックモード」(スキャンを1行ごと、1文字ごとでなく、ブロック単位、たとえば3行ごと、3文字ごと、で行うので、スピーディな選択ができる)や「集計モード」(スキャン中に一番多くボタンを押したところが選択されるので、ちょっとくらいなら、間違って押しても大丈夫)もありますので、状況に応じて、それらも試してみてください。

「2分割非ブリンクモード」はボタンの短押しと長押しを押し分けて、行と文字を絞り込みます。文字盤の赤枠部分を選びたいときは短押し、青枠部分を選びたいときは長押しします。そうやってまず行を選択し、次に目指す文字を選択し、最後に短押しすれば、その文字が入力されます。ソフト側のタイミングに合わせる必要が無いので、落ち着いて操作できますが、ボタン操作の回数は増えてしまいますので、「2分割ブリンクモード」などと比べると一長一短、どちらが使いやすいかは、人それぞれでしょう。赤枠は短押し、青枠は長押し、という押しわけがわかりにくければ、青枠を緑色にでも変更して(「環境設定」の「モード切替」から変更できます)、「あか」「みどり」と心の中で唱えながらボタンを押すと、押しわけが容易になるかもしれません。最後の短押しは心の中で「これ」とでも唱えて押せば、短押しになるでしょう。ちなみに、2ボタンでの操作の場合は、枠の色とボタンの色を合わせると、わかりやすくなると思います。

ブリンクやスキャンのスピードが速すぎてついていけない、逆に、遅すぎてイライラする時

「環境設定」プログラムを起動して、「モード切替」で、ブリンク速度(スキャン速度)を変更してみましょう。試しに何度も速度を変えて様子を見るときは、(支援者の手を借りることになりますが)キーボードのCtrlキーを押しながら、HertyLadderの文字盤左上のヒヨコマーク(「ラブレターモード」と呼ばれています)をマウスでクリックすると、「環境設定」画面に移動します。設定を変えた後、「OK」をクリックすると設定された速度でHeartyLadderが操作できるようになります。慣れないうちは、0.8~1.5秒(設定する数値としては、8~15)の間あたりから始めてみるといいでしょう。もちろん、もっと遅く(あるいは速く)してもかまいませんが、速くしすぎると、操作不能になって焦りますので、ご注意を。そんな場合は、「Ctrl+ひよこ」で「環境設定」に移動してゆっくりに設定し直すか、「alt+F4」でHeartyLadderを強制終了してください。

文字パネルの表示サイズを変更する。

古いバージョンでは、文字パネルの大きさは「環境設定」では「少し縮小」(約75%)「縮小」(約50%)の変更しかできませんでしたが、2018年7月17日に公開されたバージョン13.930から、縦横の拡大率(縮小も可)の変更ができるようになりました。縦、横それぞれについて、縮小、拡大ができます。13.930では「表示」画面で変更するようになっていましたが、最新の13.940では「モード切替」画面右側に変更用の窓が設置されています。

また、標準の文字パネルではごちゃごちゃいっぱいあって、わかりづらい、というような場合は、「□少ない文字のパネル」の□にチェックを入れて見ましょう。コンパクトな文字盤に変わります。

入力された文字が小さくて読めない(読みづらい)時

「環境設定」プログラムを起動して、「表示」のところで設定します。文字を大きくすると表示できる行数は減りますので、うまくバランスをとって、設定してください。

ここにあげたもの以外の問題点については、「ハーティー・ラダー・サポーター」にあるオンラインマニュアルの逆引き索引、「こんな時はどうするの?」をご利用ください。

 

 

2018年8月19日

Posted by ist