メールの送受信をする

メールが出来ると、交流範囲がぐっと広がります。HeartyLadderでメールを使うには、

(A)HeartyLadderのメール機能を使う

(B)Window操作機能を利用して、既存のメールソフトや、WEBメールを使う

という二つの方法が考えられますが、既存のメールソフトやWEBメールを使う必要が特にないのであれば、(A)の方が使いやすいでしょう。また、(B)はWindow操作ができれば操作可能ですので、ここでは(A)の方法について説明します。

アカウントをとる

メールはインターネットを介して送られますが、送信者のPCから受信者のPCに直接送られるわけではありません。送信者、受信者がそれぞれ契約しているメールサーバー(電子メールの送受信などを管理するコンピュータ)に、それぞれの専用のメール置き場があり、送信者のPCから送信者のメール置き場にメールが送られ(これは送信者が「送信」ボタンを押すなどして、自分でやります)、そこから、こんどは受信者の専用メール置き場にメールが送られるのです(これはメールサーバーがやってくれます)。受信者には、専用メール置き場にメールが来ているよ、という通知が行きますので、受信者は自分のメール置き場に行って、届いたメールを受け取る、というしくみになっています。返信は逆の流れになります。

送信者 → 送信者のメール置き場 → 受信者のメール置き場 → 受信者

このメールサーバー(Googleとか@niftyとかが有償・無償で提供しています)上のメール置き場を使う権利のことを「アカウント(メールアカウント)」といいます。メールを使うためには、まず、この(メール)アカウントをとる必要があります。アカウントをとるには、電子メールサービスを提供しているサイトに行って、個人情報などを登録し、アカウントとパスワードを発行してもらいます。もちろん、すでにアカウントお持ちの方は、新たにとる必要はありません。

なりすましなどを防ぐため、パスワードの管理はきちんとしておきましょう。また、あまりにも簡単なパスワード(1234とかabcdとか、ありふれた単語や、自分や家族の名前や誕生日など)は見破られやすいので避けましょう。サイトにより、8桁以上で無いとダメ、とか、アルファベットや数字に記号も混ぜないとだめとか、規定がある場合もありますが、一般的には、アルファベット(できれば大文字小文字を混ぜる)と数字と記号(_や^など)を混ぜて8桁以上にしておけば、おおむね安心できるでしょう(もちろん、すぐ人の目につくところにメモして貼っておいたりしたら意味がありません)。以前は、パスワードを定期的に変更すべきだとされていましたが、今は、他人に知られてしまった(あるいはその虞れがある)ような場合を除いて、むしろ変更しない方が安全とされています(総務省のHP)。

アカウントの情報を登録する

さて、アカウントがとれたら、HeartyLadderにその情報を登録します。「環境設定」の「メール」のところを開きましょう。

【差出人の名前】 これはメールに表示されるあなた(利用者)の名前ですが、本名を名乗るか、ニックネーム(ペンネーム)にするかは、自由です。

【電子メールアドレス】 いわゆるメアドです。abc1234@honyarara.comのような文字記号の羅列になっていますが、@(アットマーク)より前にユーザー名(銀行口座で言えば、口座番号にあたります)、後にドメイン名(インターネットにつながったコンピュータに与えられている識別名。メールサーバーが置かれている場所と考えるとわかりやすいでしょう。銀行で言えば「○○銀行××支店」にあたります)が入ります。これをそのまま登録します(全角、半角を間違えないように)。

【以下わかる範囲で自動設定】 このボタンを押すと、ドメイン名からHeartyLadderが以下の設定を自動的にやってくれます。最初はこれで試してみましょう。ダメだったら、手動で設定を変更します。アカウントをとると、各種情報が送られてきたり、サイトで閲覧できたりするはずですので、それを見ながら入力してください。

そのほかの設定

【メールアドレスのインポート】 今まで使っていたメールソフトにアドレスが登録されていたら、HeartyLadderに取り込んで(インポートして)使うことができます。具体的なやり方は、公式サイトをご覧ください。

【.NET版 新メーラを使う】 ここは原則的にチェックを入れておいてください。最近のWindows(8以降)の場合、Microsoft社のサイトから、.Net Framewaork2.0をダウンロードしないとこのメーラが動きません。詳しくは、公式サイトをご覧ください。

【それ以外】 まだ他にも設定箇所はありますが、細かくなりますので、公式サイトをご覧ください。

メール機能を使ってみる

メールを送ってみましょう。「E-mail」ボタンを押して、メーラー画面に入ります(下図)。

【送受信】 新たにメールを書くときは、右列2段目の「新規」ボタンでメール入力画面を呼び出します(下図)。

相手のアドレス、題名、本文を入力して、「送信」ボタンを押すとメールが「送信トレイ」に入ります。その後、メーラー画面に戻って「送受信」ボタンを押すと、「送信トレイ」に入っているメールが送信され、そのメールは「送信済」トレイに移動します。同時に、受信したメールが受信トレイに入ります。

ファイルを添付したい場合は、「添付」ボタンを押して、添付するファイルを選択します。

なお、このメーラーの送信トレイ、受信トレイなどは、「ドキュメント」>「heartyLadder」>「メール」の中にそれぞれのフォルダがあります。

【返信、転送、編集】 これは一般的なメールソフトでの動作と同じですので、特に説明の必要はないでしょう。返信時に相手のメールを引用したい場合は、「引用符付き」か「コピー」を押します。「コピー」だと引用符はつきません。

【メールの閲覧】 メールを読むには、メーラー画面で受信トレイを開いて、一覧の中から読みたいメールを選びます。赤の三角がメール選択です。メール本文のスクロールは緑の三角を使います。メールに添付された写真を大きくして見たいときは、右下のオレンジ模様(風景のようです)のボタンを押すと、本文と切り替えで表示されます。その右側の「http表示」というボタンを押すと、メールに記されているURLが開きます。

【メールの整理】 メーラー画面のパネル左下のリサイクルマークのついているのは「ゴミ箱」です。メールに×がついているボタンで「ゴミ箱」に入れ、その下の「戻す」ボタンで「ゴミ箱」から元のトレイにメールを戻します。「ゴミ箱」マークは「ゴミ箱」を開く、「ゴミ箱」に×マークのボタンで、「ゴミ箱」を空にします。「添付ファイルコピー」ボタンで添付ファイルを所定のフォルダに保存します。

 

2018年8月2日

Posted by ist