インターネットを楽しむ

HeartyLadderには独自のインターネット閲覧機能がついていますが、「Windows操作」でInternetExplorerなどのブラウザを使うことも出来ます。両方使ってみて、使いやすい方を選びましょう。後者の場合は、マウスやキーボードからの入力に代えて、HeartyLadderの機能を使うだけですので、特別の説明はいらないでしょう。Window操作については、別項をご覧ください。

インターネット閲覧機能のメニュー表示の拡大

HeartyLadderのインターネット閲覧機能を立ち上げると、画面上部にメニューが表示されます(下図)。このメニューのボタンが小さすぎて見づらい場合は、「環境設定」の「表示」で、画面中央にある「WEBパネルの拡大」を「少し拡大」か「拡大」に変更してみてください。ボタンの大きさがかなり大きくなるので、見やすくなります。ただし、その分、サブパネルは小さくなります。

これでもまだ小さい場合は、「環境設定」の「表示」で、「WEBパネルの拡大」の上にある「パネルを大きく」にチェックを入れてください。横長の1枚パネルが3枚のパネルに分割され、一つ一つのボタンのサイズが大きくなります。ただし、ボタンが拡大された分、表示されるメニュー項目が減るので、メニューの階層が深くなります。

起動時の操作

ホームページ(インターネット閲覧機能を起動したときに最初に表示されるページ)を開くと、通常、検索窓にカーソルが入った状態になっています。検索をしたい場合は、「あ文字」というボタン(メニュー上段右から5番目)を押すと、文字入力用のパネルが出てきます。

※検索窓にカーソルが入った状態では、メニュー(上図参照)の矢印キーやR-Up、R-Downを押しても反応しません。これはHeartyLadderだから、ということではなく、他のブラウザでも同様です。検索窓からカーソルを出せば、反応するようになります。検索窓からカーソルを出すには、「クリック」ボタンを使ってリンクの張られてない場所にカーソルを移動する(リンクのところでクリックするとそちらに飛んでしまいます)こともできますが、「Tab→次」ボタンを使うほうが早いです。これを押すと、リンク、入力窓、OKボタンなどの、次の項目に移動しますので、カーソルが検索窓から出て、スクロールなどを受け付けるようになります。逆向きに移動するときは「Tab←前」ボタンです。

リンク先を見る

リンクしてある項目を「クリック」すれば、リンク先にジャンプして、そこの記事を読むことができます。元のサイトに戻りたいときは、メニューの「←戻る」ボタンを押します。

WEB閲覧を終了する

WEB閲覧を終了して、また元の文章入力画面に戻りたいときは、メニューの「End」ボタンです。

動作がわかりにくいボタン

「ドラッグ」 「ドラッグ」ボタンを押すと、始点と終点の2カ所の決定が求められます。範囲を指定できたら(文字色が反転しているはず)、たとえば、「コピー」ボタンでコピーしておいて、貼り付けたいところを「クリック」ボタンで指定して、最後に「貼り付け」ボタンを押します。

※管理人だけの特殊な現象の可能性もありますが、サイトによってはドラッグ機能が働かないことがありました(マウスではドラッグで範囲選択できましたので、サイト側でドラッグできなくしているわけではなさそうです。原因はまだわかりません)。その時、始点を「クリック」で指定した後、終点を次項の「シフト クリック」で指定すると、範囲選択できました。

「シフト クリック」 「ドラッグ」ボタンで範囲指定した後、範囲を変更したい場合に使います。新たな終点をこれで指定すると、「ドラッグ」の範囲が変更されます。

「『シフト クリック』の隣にある、なにやらボタンを押しているらしき絵が描いてあるボタン」 これはプルダウンメニューの操作用です。あらかじめ指定されたリストの中から1つ選択するプルダウンメニューへの入力が必要な場合に使います。通常の「クリック」ボタンだと、プルダウンメニューを出す下向きの三角矢印をクリックした後、リストからの選択ができません(実際に試してみてください)。こちらのボタンを使って三角矢印をクリックすると、上下矢印ボタンでの選択が可能になります。

「あ+ あー」と「Ctrl +」・「Ctrl ー」 「あ+ あ-」は表示されているページの文字の大きさを5段階で変更します。「Ctrl +」と「Ctrl -」はキーボードの「Ctrl++」(Ctrlと+の同時押し)「Ctrl+ー」(Ctrlとーの同時押し)と同じ意味で、画面の拡大・縮小表示をします。こちらは画像も含めての拡大・縮小になります。

「ALT+TAB」はアプリの切り替えです。HeartyLadder 以外のアプリも起動しているとき、これを押すことで切り替えが出来ます。

ホームページを指定する

インターネット閲覧機能を立ち上げたとき、常に一定のサイトを表示したい場合(=そのページをホームに設定したい場合)は、メニューの「お気に入り」をクリックし、出てきた一覧メニューの左端の上から3番目にある「今のページをホームにする」をクリックしてください。これで、次回から、起動時にこのページが表示され、「ホーム」ボタンで、このページに戻るようになります。どのページをホームにするかは、お使いになる方のお好みでどうぞ。

 

 

 

 

2018年8月2日

Posted by ist