声を録音する

MyVoice用の声を録音します。

録音機材

録音機材として最低限必要なものは、レコーダー(録音機)です。どの程度の音質を求めるかにより、予算は変わってきます。スマホやiPadでも、出来ないわけではありませんが、せっかくなので、TASCAM リニアPCMレコーダー DR-05あたり(VERSION2になって、実売価格で1万3千円弱)にしておくと、悔いが残らないでしょう。

録音方法

録音方法ですが、あいうえおの50音(+濁音、半濁音、撥音)については、以下の4種類を試してみました。

1.単純に、あ、い、う、え、お、か、き、・・・と読み上げる。

東京都立神経病院の作業療法士本間武蔵氏作成の読み上げ用の原稿[資料PDF]が「ハーティー・ラダー・サポーター」のこちらからダウンロードできます。解説動画もあります。

長所:録音時間が短くてすむ。これは大きなメリット。

短所:フラットに読むのが意外に難しく、え・け・せ・・などが低く(人によって高く)なりがち。そのままだとアクセントが不自然になり、ソフトで音程を変えるとその人らしい声とはいえなくなる。

※1音の長さは長すぎても短すぎても編集しづらいので、0.5~0.8秒前後が好ましい。ただし、「さしすせそ」などの子音が発音しにくい方だと、子音の開始部分で時間がかかって子音だけで0.5~0.8秒以上かかることがある。その場合は、全体を長め(1~1.5秒くらい)にしたほうがいい場合も出てくる。

2.ああ、いい、うう、ええ、おお・・・と「上」のアクセント(低→高)で二文字ずつ続けて読み上げる。

これも本間武蔵氏提唱の録音方法です。録音の手間はそれほどかからず、1よりも音の高さのばらつきが減るように思います。高低2種類の音から、A、N、H、Lの各音素を作りますので、声を合成した際の自然さも、1より上でしょう。

3.あいい、いうう、うええ、えおお、おああ・・・と「上野」のアクセントで三文字ずつ続けて読み上げる。

2の発展形で、一つの音について、語頭・語中・語末の三通りの音を録音するものです。三つの音をそのままA、N、H音素として使えますので、2より自然さが増すように思いますが、録音・編集の手間はかなり増えます。

4.アームチェア(あ・あ・む・ちぇ・あ)、アイスキャンデー(あ・い・す・きゃ・ん・で・え)・・・のように、決められた単語を250余り、分かち読みする。

うまく単語を選べば、各音についてA、N、H、Lのすべての音素を採取できますので、音のつながりは一番よくなりますが、単語リストの作成・録音・編集が大変であるのと、無意識のうちに、アクセントが強調され気味になること(大げさな抑揚になる)が問題です。リラックスして録音すれば、多少は緩和されるでしょう。

後の方法になるほど、読み上げも編集も、手間がルート2乗くらいの割合で増えますが、再生はより自然(というか、まし、というか、その辺の評価は人によりわかれるでしょう)になります。

読み上げにも編集にも、体力・気力を要しますので、そのあたりを勘案して、録音方式を選ぶといいと思います。

もうひとつ、重要なことですが、MyVoiceは50音の合成でしゃべらせると、なかなか思ったようなしゃべり方になりません(つながりの自然さ、イントネーションの再現、などが録音や編集ではカバーしきれない)。よく使う単語、大切な言葉は単語、あるいは文章として録音しておいて、それをそのまま使うほうがいいでしょう。登録した単語と50音を組み合わせて読ませること(たとえば、「『今日』は『好い』『お天気』『です』ね」のように『』は登録した単語、それ以外は50音を合成してしゃべらせる形)も可能ですので、単語や文章を録音する体力・気力がある場合は、この方式をおすすめします。その場合、単音の録音は2の方式で十分でしょう。

【付記:2018/08/30】 公式サイト「ハーティー・ラダー・サポーター」に、「新上録音」(新「うえ」録音)が推奨方式として取り上げられました(ここに動画があります)。「うえ あいい い」と、まずアクセントの基準となる「上(うえ)」を発音して、続けてそのアクセントで、「あい」と発音し(A音素の「あ」とN音素の「い」に使います)、さらに続けて語尾などに使うための(つまりE音素の)「い」をきっちり止めることを意識しつつ発音し、最後にアクセント核となる「い」(つまりH音素の「い」)を発音する、という流れになります。これを、「うえ いうう う」「うえ うええ え」「うえ えおお お」「うえ おああ あ」・・・と続けて、すべての音について、A音素、N音素、E音素、H音素を録音することになります。L音素はN音素からソフトで一括して音程を下げて作ります。管理人はまだこの方式を試してみていないので、現段階では、評価は差し控えておきます。

2018年8月30日

Posted by ist