声を編集する

録音した声を編集して、MyVoiceで使えるようにします。編集はなるべく控えめにしましょう。料理と同じで、いじくり回すと素材のよさが失われます。シンプルな編集で、その人らしさを活かしましょう。

編集作業は、ごく簡単に言うと(これでも「ごく簡単」です)、以下のような流れとなります。

1.不明瞭な箇所、音程の極端なばらつき、音の長さの極端なばらつき、雑音などがないか、音源を聞いて確認する。

問題があれば、その部分は録り直しましょう。もし、体調不良などで録り直しが難しい場合は、編集で多少は補正できますので、無理はしないようにしてください。

2.録音した音源から一音ずつ音を切り出し、保存する。

「MyVoiceの音素編集」や既成の編集ソフト(8参照)に取り込むと音の波形が表示されますので、それを見ながら、音の出だしから音が終息するまでの区間を範囲選択し、「あ.wav」「い.wav」のように名前をつけて保存します。余計な付帯音にみえても、それがその人の声の特徴だったりしますので、確認しながら慎重に作業しましょう。ここでいい加減にやってしまうと、先に進んでからやり直しになって、途中までの作業が無駄になることもありますので、要注意。

3.慎重に録音しても、音の高さにばらつきが残るので、編集ソフトを使って、差を縮める

音程に極端なばらつきがあると、アクセントがおかしくなることがあります。元の音が低すぎると、アクセントで高くなっているはずの音が、むしろ他の音より低くなってしまったりして、けっこう違和感を感じます。かといって、電気的に(ソフト的に)大きく上げ下げすると、声が不自然になるので、軽く変更する程度にとどめましょう。それでは不十分なときは、録り直しを検討した方がいいでしょう。録り直しが出来なければ、多少の違和感には目をつぶってください(耳をふさいでください?)。

※各音の「長さ」は、praatというソフト(8参照)を使って、ぴったりそろえることもできます。ただし、どうしても自然さは損なわれます。録音の段階から、なるべく長さもそろえておきましょう。

ここまでで、「下処理」が終わりますので、音のセットをA音素、ないしN音素として、MyVoiceに登録します。その後、もう少し、作業が続きます。

4.さ行などの、子音が長く発音される音については、母音の始まるポイント(母音ポイント)を設定する。

たとえば、「あ」と「しょ」を比べてみます。下の図のように、「しょ」は子音部分が長く、音全体も「あ」と比べると長くなっています。もし、何も処理をしないで発声させると、母音が始まったあたりで「あ」と同じ長さになってしまい、「しょ(sh+お)」が「sh(+お)」だけになってしまいます。そのため、「小学校」(しょ+お+がっこう)」を読ませると「sh+(お)+お+がっこう」(つまり、しょおがっこう、でなく、しょがっこう)となってしまいます。それを避けるために、MyVoiceの編集機能(「MyVoiceの音素編集」ソフト)を使って、下右図の矢印のあたりに母音開始点(母音ポイント)を決めてやると、母音部分も発声するようになって、「しょーがっこう」と正しく発音されるようになります。

5.「ぎゃ」「ぎゅ」「ぎょ」などを録音してない場合は、「ぎ」と「や」、「ぎ」と「ゆ」、「ぎ」と「よ」を連結して、「ぎゃ」「ぎゅ」「ぎょ」などの音を作る。

「MyVoiceの音素編集」ソフトには、2つの音を連結する機能があります。必要に応じて、たとえば、「か」の母音部分がかすれているのを、(かすれた)「か」と(きれいな)「あ」を連結して新たに(きれいな)「か」を作ることで、改善したりもできます。これもやり過ぎると不自然になりますので、ほどほどに。

6.個々の音素の調整が終わったら、「MyVoiceの音素編集」で音素ごとの音の長さ等と「読みの間隔」を設定する。

この工程が意外に大変です。ここの設定によって音のつながりなどがずいぶん変わってきます。デフォルトの値をメモしておいて、そこからいろいろ変えては読み上げさせ、変えては読み上げさせ、を繰り返して、納得(「満足」はむずかしいかもしれません)のいくまで、試してみましょう。

7.最後に「MyVoice実行用に保存」ボタンを押す。

これをやっておかないと、HeartyLadderでしゃべってくれません。以上で、作業はひとまず完了ですが、使っているうちに気になるところが出てきて、後から何度かは、いじることになるだろうと思います。

8.関連ソフト

編集に必要な機能は、MyVoiceにすべてに備わっていますが、各工程で別のソフトを使うこともできます。

praat オランダで開発された音声学における音声分析用のフリーソフトウェア。慶応大学の川原氏によるMyVoice用のスクリプトが無料で公開されています。音の長さや強さをそろえるといった手作業では大変な、大量のデータの一括処理ができますが、頼りすぎは禁物。

SoundEngine Free 音楽編集・音声録音用のフリーソフト。録音した音声データの切り取りなどに利用できます。ダウンロードはこちらから。

VocalShifter LE ピッチ補正機能などを備えたボーカル向け波形編集ソフトのフリー版。音程の変更をしてもそれほど不自然にならないように思います。窓の杜からダウンロードできます。

 

2018年8月11日

Posted by ist