MyVoiceでしゃべらせる

MyVoiceを使ってしゃべらせるには、次の3つの手段があります。

1.HeartyLadderで

2.MyVoicePlayerで

3.メモ帳など、他のソフトで

 

1.HeartyLadderでしゃべらせる

HeartyLadderでMyVoiceを使えるようにして、実際にしゃべらせてみましょう。「MyVoiceの音素編集」で「MyVoice実行用に保存」を押さないうちは、音素が編集モードのままになっていて、HeartyLadderでしゃべってくれませんので、ご注意ください。

実行用にデータが保存されていたら、HeartyLadderの「行読」はMyVoiceで読み上げますが、「環境設定」の「その他」で「全読もマイボイス」にチェックを入れておくと、「全読」の読み上げもMyVoiceが使われます。

短文を登録してあれば、文字盤の「こんにちは」で、登録文の一覧が出て、選択することで入力・読み上げがされます。

2.MyVoicePlayerでしゃべらせる

MyVoiceにはMyVoicePlayerが付属していて、HeartyLadderを起動しなくても、MyVoiceでしゃべらせることが出来ます。方法は簡単で、MyVoicePlayerを起動して、文章入力欄に文章を書き込んで、「1行読み」などのボタンを押すだけです。スピーチ用に長い文章をあらかじめ記入しておいて、1行ずつ読ませていくことも出来ます。パワーポイントの画面に合わせてMyVoiceでしゃべらせれば、自分の声での講演も可能となります。

3.メモ帳など、他のソフトでしゃべらせる

これについては、ブログに書いておきましたので、そちらをご参照ください。最初にちょっと面倒な作業が必要ですが、その後は、アイコンをクリックするだけで読み上げさせることができるようになります。

2018年8月11日

Posted by ist