MyVoiceについて

MyVoiceは、あらかじめ録音・編集した自分の声で、PCに書いた文章を読み上げさせるソフトです。通常はHeartyLadderかMyVoicePlayerで使用しますが、後で触れますように、他のソフト(メモ帳など)でも工夫次第で使うことができます。

1.しくみ

あいうえお・・・のそれぞれの音素について、ANHLEQの6種類の音素を準備し、それをソフト的に合成して、読み上げさせます。A音素は語頭の音。Nは2音目以降(前の音とつながるので、子音の発音がA音素と少し異なります。高さもA音素より高めになります)。H音素はアクセントのある(語の中で一番高くなる)音(語頭や語末に来ることもあります)。L音素はH音素の後に続く低くなる部分の音。E音素は文末、Q音素は疑問の際の末尾を上げる音になります。H音素、L音素、E音素はN音素から自動生成させて(MyVoiceの編集機能で簡単にできます)利用しても問題ないでしょう。Q音素は、別に録音した方がいいですが、それでも前の音との自然なつながりを再現するのは難しそう。Q音素として録音してない場合は、ソフト的に音程をあげて疑問文であることが「わかる」ようにする(疑問文「らしくなる」、ということではありません)仕組みになっています。

2.作業

ということで、録音・編集は、A音素とN音素の2組の音素があれば、あとは何とかなると思います。最小限ということであれば、A音素だけでも、マイボイスは作成できます。さらに、編集機能を駆使すれば、「ぎ」と「や」から「ぎゃ」を作ったりも出来ますので、ぎりぎり、あ~んの46音と、濁音、半濁音の25音、合計71音あれば、何とかなるでしょう。ただし、録音されている音が多ければ多いほど、最終的な結果は良好になります。

3.読み上げ(個別音の合成と単語・単文の再生)

各音を個別に録音・登録してしゃべらせると、工夫を凝らして録音して、慎重に編集したとしても、アクセントや音のつながりなどの点で、どうしても不満が残ると思います。単語ないし単文で録音して、それを使うこともできますので、よく使う単語や単文はそれぞれ録音・登録しておいて、それ以外の部分(たとえば、てにをは、など)は個別の音素を組み合わせてしゃべらせる、という方法も考えられます。

4.MyVoiceができること、できないこと

●できること:全体の読み上げ速度を変える、句読点での休止時間を変える、ロボットのような棒読みでなくアクセントをつけて読む(ただし、東京風のアクセントになる)、好みのアクセントを登録する(固有名詞のアクセントを正しい読み方に変えたりできる。たとえば「佐藤さん」を「さうさん」と読ませるか「とうさん」と読ませるか)、文の途中からだんだん速く(または遅く)読み上げさせる(これも棒読み回避)、など

●できないこと:イントネーションの再現(通常、ひとまとまりの言葉を発声すると、途中から少しずつ音程が下がっていく)、方言で話す、感情に合わせて声音を使い分ける(文で登録してある場合は除きます)、など

※最近、iPhone用(最初はiPhone用でしたが、その後、iPadにも対応したようです。iPod touchでも使えています)ではありますが、無料で使える「コエステーション」という手強いライバル(注)が出現し、MyVoiceにとってなかなか厳しい状況となっていますが、MyVoiceにはMyVoiceのよさがあります。録音・編集・登録に要する時間は、慣れもありますが、1ヶ月はみておいた方がいいでしょう。気に入るまで、録り直しや再編集などを行うと、2,3ヶ月はかかるかもしれません。けっこう大変ですが、自分自身、大切なご家族、あるいは支援している患者さんと、その方の声とに、じっくり向き合う貴重な時間になると思います。

(注)ボイスターという優れた商品もありますが、かなりのお値段です。これとフリーソフトのMyVoiceとでは土俵が異なりますので、ライバル関係にはあたらないでしょう。ボイスターを使って、札幌にある地域FM局の「三角山放送局」でパーソナリティを続けているALS患者米沢和也さんの記録が「声を失ってもラジオを続けたい~ALS患者のパーソナリティ米沢和也さんの挑戦~」でご覧になれます。

5.実は・・・

HeaertyLadderには、MyVoiceでよく使うフレーズや口癖などを文として登録しておき、(HeartyLadderの)文字パネルの「こんにちは」というボタンで登録文の一覧を出し、そこから目指す文を指定することで、それが入力され、なおかつ、再生される、という機能がついています。これはその人のしゃべりそのものですので、自然さ、その人らしさという点では完璧です。体調に問題がなければ、1音1音の録音の他に、なるべくたくさんのフレーズを録音しておかれるといいでしょう。登録は複数のフォルダを作って、振り分けることも出来ますので、「あいさつ」「名前」などわかりやすい分類にしておくと、かなりの数の短文を登録しても、ちゃんと利用できると思います。

【参考】「声が出せなくなっても、自分の声で会話できる!(「ドラマチック関西『グレースの幸せ難病日記』」2014年11月放送より」 ※NHKラジオ第二放送で放送されていた「バリバラR」(番組はすでに終了しています)の放送内容の書き起こしです。

2019年4月3日

Posted by ist