USBスイッチケーブルの加工

「ゲームパッド改造版スイッチインタフェイス」の項でご紹介しました、「USBスイッチケーブル」を加工して、HeartyLadder用のスイッチインタフェイスを作ってみました。

加工と言っても、ケーブルを適当な長さにちょん切って、3.5mmモノラルジャックを付けるだけ。

もとのケーブルが2m近くあって長いので(写真下左)、20cmほどにカットして先端処理し(写真下中)、3.5mmモノラルジャックをつけました(写真下右)。

あとは、付属のアプリで、ゲームパッドのボタン1を割り当てれば完成。まず、PCにつなぎ、認識したら(①)、Gameを選択し(②)、Button1を選択(③)するだけです。アプリは中文表記とEnglish表記しかありませんが、操作も簡単なので問題ないでしょう。おっと、最後に、中央下部の「Save」で本体に設定を保存しましょう。Windows用のアプリしかないので、設定はWindowsPCで行う必要がありますが、設定後はiOSなどでも使えます。

リーズナブルなお値段の商品ですので、見た目はそれなりですが、ゲームパッドを改造するよりずっと簡単に作れて、サイズもコンパクトになります。

2018年10月31日

Posted by ist