ゲームパッド改造版スイッチインタフェイス

ゲームパッドを改造してスイッチインタフィエスを作ってみましょう。

【概要】

ゲームパッド(Windows対応のもの。USB接続)には、押しボタンが6個から12個ついています。

たとえば、上の写真のゲームパッド各機種では、左はボタン1~4(青、赤、黄、緑)とL(ボタン5)、R(ボタン6)、中央はボタン10まで(5~8は人差し指と中指で操作)、右はボタン12まで(11,12はアナログスティックの押し下げ)となっています。

HeartyLadderでは、ボタン1から9がスイッチとして使えます。

そこで、基盤上のボタン1から9のいずれかに配線し、その先にスイッチを取り付ければ、HeartyLadderの操作が可能になります。

【工作の手順】

工作の手順は、

1.裏蓋を外して、基板を取り出す。
2.配線しやすそうなところを選び、細いコードを基板に半田付けする。
3.本体に穴を開けて、スイッチ接続用の3.5mmモノラルジャックを取り付ける。
※端子が3本あるステレオ用でなく、端子が2本のモノラル用を使ってください。
4.基板に半田付けしたコードの反対側をジャックに半田付けする。
5.コードを挟まないよう注意しながら、組み立て直す。

という流れになります。4カ所半田付けするだけですので、慣れてくれば特に難しい作業ではありません。

機種に依りますが、LRボタンとか、人差し指、中指あたりで操作する5678ボタン(L1、R1、L2、R2と表示してある場合もあります)の配線部分が、半田付けしやすく、また、コードが基板にかかりにくいのでコードが挟まるというトラブルも減ります。下左の写真では、赤丸で囲んだ部分に3つ並んでいるのが、L1(5ボタン)、L2(7ボタン)の端子になっていて、中央がGND、左が5ボタン、右が7ボタンです。この写真の場合、中央と右に配線していますので、5ボタンに外部スイッチがつながることになります。コードのもう一方は、下右の写真のように、本体に取り付けたジャックに配線します。(別の時に撮った写真なので、コードの色が一致していません)。

1234ボタンは基板の中央部分に近く、配線を引き出す余裕がないことが多いように思います。この辺から引き出す場合はコードを極細にした方がいいかもしれません。

ゲームパッドとしては使わない、という場合は、ケースから出した基板を密閉容器にでも入れれば、半田付けする場所を気にする必要がなくなりますし、けっこう手間のかかる組み立て直しの作業も省くことができます。

半田付けを減らしたければ、下右の写真のようなコード付きのジャック(3.5mmモノラルの延長コードのジャック側(メス側)を短く切って使うと簡単です。残ったプラグ側(オス側)のコードをスイッチにつなげば、1本の延長コードでスイッチ側とアダプタ側がまかなえます)を準備して、本体に開けた小さな穴にコードを通し、その先を基盤に半田付けすれば、2カ所だけですみます。

※3.5mmモノラルの延長コードは、オーム電気のイヤホン延長コードモノラル音声用2m(税込み378円)が、コードが細め、かつ柔軟性があり、使いやすいように思います。
※2019/04/03記 イヤホン延長コードのリンク先が間違っていました。修正しました。

半田ごては20Wか30Wが使いやすいでしょう。コードの先端部分の絶縁体を2,3mm(長すぎるとショートの原因になります)取り除き、中の電線を捩ってまとめ、それを基板の裏側の半田が盛り上がっている部分にあてた状態で、半田ごてを押し当てます。数秒で半田が溶けると思います。そのタイミングで、半田を少し追加してやればOK。半田が多すぎると隣の端子と接触してショートします(ボタンを押しっぱなしにした状態)ので、あくまでも、「少し」です。

【動作確認】

工作が完了したら、動作確認をしておきましょう。

1.ゲームパッドをPCと接続する。
2.「スタートメニュー」→「Windowsシステムツール」→「コントロールパネル」と進んで、コントロールパネルを開き、「デバイスとプリンター」を選ぶ。
コントロールパネルがどこにあるかわからないときは、スタートボタン横の「ここに入力して検索」に「コントロールパネル」と入れて検索すると早い。
3.「デバイスとプリンター」に「USB Joystick」が表示されているはずなので、それを右クリックし、「ゲームコントローラーの設定」を選ぶ。
4.出てきた画面上で「プロパティ」を選び、「テスト」を開くと十字キーやボタンをテストする画面が出てくる。

5.ゲームパッドの十字キーや(ついていればジョイスティックも)ボタンをすべて操作してみて、正常に働いているかどうか、確認する。
6.新設した外部スイッチ用ジャックにスイッチを接続し、スイッチが機能しているかどうか確認する(押したボタンの番号に対応する箇所が赤く点灯?します)。
7.どこかがつきっぱなし(→ショートしているか、コードが挟まってボタンが押しっぱなし状態になっている)、どこかがつかない(→コードの半田付けがきちんとできてないか、コードが挟まってボタンが押せてない)といった症状があれば、再度作業をし直す。

動作確認が無事終わったら、HeartyLadderで使ってみてください。

工作に自信のない方、もっとスマートなものを使いたい方は、(まだ使ってみたことがありませんが)「変わる君」(BitTradeOne社)のような市販のツールを使うこともでき(ると思い)ます。

 

【2018/10/15追記】

いいものを見つけました。ゲームパッドからケースとスイッチを省いたような商品です(つまり基板と配線用のコードのセット)。これを使えば、ほとんど手間なしで、スイッチが使えるようになります。2個セットの値段ですので、1個あたりはこの半額になります。ゲームパッドの安いのとほとんど変わらない値段です。

SODIAL 2 x ゼロ遅延アーケードUSBエンコーダーPCジョイスティック5PINジョイスティック&2.8Mのボタン(Amazonで税込み1,519円、送料無料)

付属のUSBケーブルを基板の端子に差し込み、これも付属のコードを好みのボタン番号(上の写真では1番)の所に差し込んで、その先端にスイッチをつなげばOK。上の写真の繋ぎ方なら半田付けも不要、簡単です。ちゃんと動きます。ケース(写真上部の黒い物体はプラスチックケース、250円ちょっと)に入れると見た目もよくなります。直接スイッチをつながずに、3.5mmモノラルジャックを取り付ければ、いろいろなスイッチを交換して使うことも出来ます。ジョイスティックモード用にも簡単に流用できそうです。安い商品ですので、ハズレもあるかもしれませんが、試してみる価値はあると思います。

記事の公開前に注文していましたが、配送遅れがあって待ちきれず、記事を公開してしまったのですが、その後すぐ届きました。もう少し待てばよかったと、若干後悔していますが、公開(後悔)先に立たず(笑)、でした。

【2018/10/17さらに追記】

もう一つ、よさげなものを入手しました。USBスイッチケーブル(Amazonで税込み1,980円、送料無料)というもので、スイッチ1個用を買ってみました。下の写真は袋から中身を撮りだした状態です。右上が説明書、右下が本体と設定用アプリの入ったCDです。

片側はUSB端子、反対側は先端処理済みのケーブルですので、そこにスイッチを半田付けするだけ。設定も付属のCDに入っているアプリで一発。いったん設定すると、本体にデータが保存されますので、他のPCで使うときも改めて設定する必要はありません(ゲームパッドのボタン1に設定して、別のPCでの動作を確認済み)。設定用のアプリはWindows用ですが、設定後は、iOSでもAndroidでも使えるとのことです(試してみてはおりません)。

ケーブルが、足踏みスイッチでも使えそうな長さですが、やや堅めで取り回しが今ひとつと思われるので、20cmくらいにちょん切って、そこに3.5mmモノラルジャックを付けると良さそうです。スイッチ用はこれにして(わざわざゲームパッドを改造しなくてもよさそうですね)、【2018/10/15追記】のゲームパッドの中身版は、ジョイスティックモードで使うためのスイッチ(ジョイスティック+ボタン)を作るのに使うといいかもしれません。そのうち、両方作ってみようと思います。出来たら、またご報告します(スイッチ用の方はあまりに簡単で「工作」と言えるかどうか、疑問ですけど)。

2019年4月3日

Posted by ist