「5.鹿児島時代」関連情報

◆『鹿児島県統計書 明治30年』(国立国会図書館デジタルコレクション所収)「社寺」11ページによると、「元説教所設置許可明治拾七年五月二日光永寺公称寺院創立出願卅年一月廿五日許可仝年六月拾七日」とのこと。光永寺の「宗名」が真宗大谷派となっていますが、これは誤記と思われます。「寺院・名称」には真宗本願寺派とありますし、「所在地名」も薩摩国薩摩郡隈之城村向田ですので、光永寺に間違いないでしょう。(2021/01/29記)

◆明治35年3月13日付け吉野泰之助(妻りうの兄)宛書翰に、「本山よりの命で清国教育の方法取調出張ニ付書状」という表題のものがあるようです(三鷹吉野泰平家文書目録三、資料番号3-11-030)。また、時期や詳細は不明ですが、寺内正毅宛ハガキ(明治?年5月9日付け)に、「中支旅行、鋳方大佐」についてのものがあるようです(国立国会図書館参考書誌部『寺内正毅関係文書目録(憲政資料目録 ; 第8)』97、1971年)。なお、了法と寺内正毅との接点ですが、了法が留学した際、寺内は同じ船でパリに留学した閑院宮の随員として同行していますので、当然、面識があったものと思います。(2020/04/24記)(了法と寺内の接点について、2020/09/12付記)

◆前田慧雲の「桐南詩鈔序」(『前田慧雲全集第8巻、60ページ)に、以下の一節があります。 「聞君(=桐南=了法)近日将遠泝(えんそ、遠く遡る)揚子江。泛(浮かぶ)洞庭。過潚湘(しょうしょう、洞庭湖に流入する瀟水と湘江、あるいはそのあたりの地方)。弔賈誼(かぎ。前漢の政治家)之迹于(に)長沙。(湖南省の都市)」 この序文の書かれた日付は「明治壬寅(明治35[1902]年)三月下浣(下旬)」となっています。この頃、了法が中支に旅行したことは確かなようです。(2021/09/12記)

◆了法が一時期東京の築地本願寺にいたことは分かっていましたが、時期などは不明でした。国立公文書館アジア歴史資料センターに所蔵されている資料(国会図書館のWEBサイトにある「デジタルアーカイブポータル」から「菅了法」をキーワード指定すると検索できます)によって、少なくとも明治36年5月から明治37年2月の間、東京出張所長として築地本願寺にいたことが明らかになりました。(2010/07/25記)

◆明治37年1月7日、日露開戦が不可避となるなか、「国家非常の事変に際し本山として務むべき奉公の臨時事務を管轄する所」として本願寺黒書院内に臨時部が設置され、了法はその部員(交渉係)に任命されました。(『増補改訂 本願寺史』第3巻、591-592ページ)(2020/10/31記)

◆明治39年4月には了法は京都に滞在していたようです。前田慧雲が明治39年4月19日に発京し、広島を経て鹿児島に赴いていますが(『前田慧雲全集』第8巻、p.251)、そのとき、川内の光永寺に泊まって、詩を残しています。(『前田慧雲全集』第8巻、p.253)
仙台。投光永寺。懐菅楠南在京都
一水遠載萬山斜、新緑煙籠故人家、故人今去留上国、舊廬一夜偶駐車、子規暁啼残月樹、忽引相思繞天涯
ここに「懐菅楠南在京都」とありますので、4月の時点では京都にいたのでしょう。彦根の第三佛教中学に赴任するのはその後と考えられます。

◆彦根の第三仏教中学学長(校長)を辞職したのは、明治40年12月のことだったようです。了法のイギリス留学時にフランスまで同行した藤島了穏の遺稿(『胆岳遺稿』卷上、大正9年、三十二~三十三丁、国立国会図書館デジタルコレクション所収)に、「菅桐南久監金亀中学今茲丁未十二月忽然将辞皈薩摩」(菅桐南金亀中学を監(み)ること久し。今茲(こんじ:今年)丁未(ていび:明治40年)十二月、忽然として将に辞して薩摩に皈(かえ)らんとす)との記載が見られます。(2019/11/25記)

◆了法は、大正3年6月28日、本願寺の執行(しゅぎょう)に就任しました。執行長は利井明朗(かがい・みょうろう)、他に七里円長、名和淵海も執行に就任しています。また、了法は、同年8月の第44回臨時集会で、利井執行長の覚え書きを代読しています。(『本願寺史(改訂増補)』第3巻、70ページ)。(2020/09/20記)

◆大正初期の鹿児島別院の絵はがきを入手しました。
 
(2010/07/24記)

◆平成22年7月27日に追加登録された国会図書館近代デジタルライブラリー所蔵の『本願寺職員録 大正6年8月現在,大正11年8月現在』に、了法は顧問として名を連ねています。(2010/07/28記)