菅了法(すが・りょうほう)

【鹿児島時代】

明治28年8月,了法は鹿児島別院本堂建設のため,西本願寺鹿児島出張所長として鹿児島におもむきます(*1)。鹿児島では薩摩藩が浄土真宗(一向宗)を禁じており,禁制が解かれたのは明治9年9月になってからでした。ほどなく本山から小田佛乗という人が派遣されて仮説教所を開き,これが鹿児島別院の起源となりました。明治10年,2度にわたって兵火にあった後(西南戦争です),移転して,紀州和歌浦の性應寺の本堂を移築し,明治11年別院を名乗ることが許されます。明治24年から本堂改築に取りかかりますが,了法が赴任した28年の段階では,工事はかなり遅れていたようです(*2)。30年3月に落成し(*3),4月には法主の大谷光瑞を迎えて慶讃会が開かれました(*4)。

明治30年,了法は求められて川内(当時は鹿児島県隈之城村。その後,川内町,川内市を経て,現在は薩摩川内市)の光永寺の開基となりました。川内には明治9年の信仰自由の令が出た後も,真宗の寺院らしい寺院が建ちませんでした。そこで,熱心な一向宗徒であった川内の実業家・(三代目)上野喜左衛門(天保7[1836]年~明治40[1907]年)が,京都の西本願寺本山に詣でた際,千坪の土地と寺の寄進を申し出,合わせて名住職の派遣を要請します。この趣旨に沿って喜左衛門が同志に呼びかけてできたのが光永寺であり,初代住職となったのが了法だったのです(*5)。

なお,『鹿児島県史』によれば,鹿児島では従来新寺の創建が原則として許されず,従前一寺も持たなかった真宗各派は他県から同宗派の寺院を移転させるか,廃寺の寺号を買収して移転の名義で寺院を建立していたのだそうです。その後,新寺創建が認められるようになり,明治30年代に寺院数が急増したとのことです(*6)。

明治41年9月刊の記録所編纂『本派本願寺寺院名簿』(国会図書館近代デジタルライブラリー蔵)によれば,鹿児島川内組光永寺は,住職菅了法,衆徒菅辰太郎,堂班が上二となっていますので,かなり格の高いお寺だということになります(*7)。

川内時代の了法の活動については,断片的な記録があるだけです(*8)。

川内では英語教室を開いて青少年教育にも努力したようです(*9)。

明治38年10月より,昭和11年まで,京都の西本願寺で賛事,侍眞を奉職しました(*10)。

 少なくとも明治39年10月から40年3月にかけての間,当時滋賀県の彦根にあった第三仏教中学(後,京都に移転して平安中学校と改称)の学長(校長)をしています(*11)。

明治42年,大正元年,同2年には,安居の講師を務め,それぞれ『探玄記』,『平等覚経願文』,『百法明門論』を講じたとの記事があります(*12)。

大正3年1月に桜島が噴火し,川内にも大勢の人が避難してきました。光永寺もその救護所となりました(*13)。

晩年は築地本願寺の別当を勤めたようです(*14)。

昭和5年,本堂の屋根を銅販で葺き替え,客殿を建立し,また佛龕(ぶつがん)を新造して裏面に上野喜左衛門氏などの懇志者の名前を誌しています(*15)。

亡くなったのは,昭和11年7月26日,80才(満79才)でした。

晩年の了法。クリックすると動画の再生をします。

最後に,菅一氏が保存していらっしゃった晩年の菅了法の動画をご覧下さい(*16)。オリジナルは1秒ほどですので,スロー再生にしてあります。写真をクリックすると,「このファイルを開くか,または保存しますか?」という警告が出ますので,「開く」を選んでくださると,まもなく再生が始まります。

* 1  関本メモによる。

* 2  関本メモには,「菅回顧録によると,彼の着任当時の状況は次の様であった。『本堂は前年秋,立柱式を行いたれども,爾来工事は進捗せず(中略)諸材は,数量未だ半ばに達せず,資金は既に支出し尽くして,工事全く中止の悲境にあり(中略)資金は既に消耗したるに,既約の寄付金も未納者多く,所詮再度の募集は不可能の状態に在りて,勢中止の已むを得ざれるに至るなり』(原文のまま)」とあります。菅回顧録は現存せず,如何なるものであったのか不明です。

* 3  関本メモによる。ただし,石倉重継『本派本願寺名所図絵』博文館(明治35年,国会図書館デジタルライブラリー蔵,269ページ)によれば,落成は明治29年となっています。

* 4  『鹿児島県史』第4巻,鹿児島県,1943年,537ページ。

* 5  上野喜左衛門伝記編さん委員会編『気まま一代 上野喜左衛門伝』,一水会,昭和50年,316ページ。なお,上野喜左衛門が光永寺と密接な関わりを持っていたことについては,菅俊二氏からご教示頂きました。

* 6  『鹿児島県史』第4巻,鹿児島県,1943年,537-538ページ。

* 7  堂班は寺格を表し,上二とは内陣上座二等のことで,内陣上座一等,内陣上座二等,内陣本座一等,内陣本座二等,内陣列座,餘間,脇間,外陣列座,平僧の9段階の上から二番目ということになります(cf.『望月佛教大辞典』第4巻,3904ページ中)。

* 8  現時点では資料的な裏付けのとれていない伝承として,

 1.本願寺執行当時,シルクロード探検隊に参加して仏舎利を持ち帰った。その仏舎利は光永寺に大切に保管されている(「明壽山光永寺縁起」,『明壽山光永寺落慶法要誌』,8ページ)。

 2.日露戦争前,小村寿太郎外相に招かれ,参謀本部の要請で上海に渡って情報収集にあたった(『気まま一代 上野喜左衛門伝』,317ページ)。

   があります。1については,了法はいわゆる大谷探検隊には直接参加していないはずですので,あるいは間接にかかわったということかも知れませんが,現時点では何とも言えません。小倉一夫・高井熊次郎編『向田史』(向田史刊行会,平成5年,179-182ページ)にも同様の記事がありますが,これは『明壽山光永寺落慶法要誌』にもとづいているようです。2については,今のところ,まったく関連情報が得られていません。

* 9  『鹿児島大百科事典』,南日本新聞社,昭和56年,「菅了法」の項による。また,『気まま一代 上野喜左衛門伝』317ページにも同様の記事があります。

*10  「関本メモ」による。なお,大正6年刊の『現代佛教家人名辞典』(『日本人物情報体系』93,宗教編3,皓星社,2002年1月,181ページ)によると,「師は鹿児島県薩摩郡隈之城村,真宗本願寺派光永寺住職。真宗本願寺派本願寺顧問,先に又同寺執事もなす」とあります。さらに,昭和4年12月に刊行された『仏教年鑑』昭和5年版の第五篇「人事」に「菅了法 現眞本○真宗本願寺派顧問○鹿児島県薩摩郡隈城村,光永寺」(『日本人物情報体系』94,宗教編4,皓星社,2002年1月,24ページ),翌昭和5年12月刊の昭和6年版第七人事篇には「菅了法 眞本◇本願寺顧問◇鹿児島県薩摩郡隈城村光永寺」とあります(『日本人物情報体系』94,65ページ)が,昭和7年版からは名前が載っていません。この頃,顧問を辞したのかもしれません。

*11  菅俊二氏から,了法は仏教中学の校長をしていたことがある,それが後に平安中学と名が変わったと聞いている,とのご教示を頂きました。そこで『平安学園百年のあゆみ』(平安学園,昭和51年10月,340ページ)をあたったところ,巻末の年表の明治40年3月の項に「当時学長は六代菅了法」との記事がありました。また,『中等教育諸学校職員録』(東京,中東教科書協会,明治39年10月現在,国立国会図書館近代デジタルライブラリー蔵)に,私立第三仏教中学の学長として了法の名が載っています(235ページ)。なお,仏教中学は,明治9年に浄土真宗本願寺派に属する県下の寺院が共同して金亀教校を開校したのに始まります。その後,明治34年に金亀仏教中学,35年に私立仏教中学と改称し,明治42年,京都に移転して,私立平安中学校となっています(『彦根市史』下冊,昭和62年,488ページ)。

*12  『山陰真宗史』,275ページ。

*13  『向田史』,127ページ。

*14  『明治新聞雑誌関係者略伝』,105ページ。菅光璽氏から「別当」という呼称はおかしいのではないかとのご指摘がありました。調べてみますと,明治30年7月3日教示第六号により,「別院職制」は監院(1名),輪番(1名),輪番助(1名),承仕(無定員),堂掌(無定員),勘定(無定員)となっていて,別当という職名はありません(『本派本願寺名所図会』,国立国会図書館・近代デジタルライブラリー蔵,270-1ページ)。では,了法がついた職が何であったかが問題になりますが,残念ながら現時点では分かっていません。

*15  「明壽山光永寺縁起」(『明壽山光永寺落慶法要誌』),8ページ。

*16  この動画は菅俊二氏を介してご提供頂きました。

【謝辞】
本ページの作成にあたっては,リンクを貼ってある各サイトの他,島根県立図書館,島根県市町村振興センター,札幌市中央図書館,札幌大学図書館,北海道大学付属図書館,北海道立図書館,国立国会図書館・近代デジタルライブラリー所蔵の資料を利用させて頂きました。記して謝意を表します。
2006年3月の全面改定に際しては,菅了法のご親族の方々,了法関連の研究者の方々,さらには古い友人たちから,非常に多くのご教示や資料提供をいただきました。ご協力ありがとうございました。